×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


    

私のこと、わかってない・・・

モテる為に気を付ける

女性にモテる為の技

優しいのになぜモテナイ・・・

モテル男とモテナイ男・・・

女性に気を悪くさせる一言・・・

いつもいい人でおわる人・・・

言葉のキャッチボール・・・

聞き上手で失敗しない・・・

女心が変わりやすいとき・・・

女性に振られたときは・・・

どんな男がモテナイか・・・

好きな女性が相談・・・

なぜ?なぜ?女性心理・・・

褒め言葉の裏技・・・

キャバ嬢に学べ・・・

女性に好意を伝える裏技・・・

褒め言葉を上手に使え・・・

不快感を与えない言い方・・・

モテルための最終章・・・

       番外編
なぜかモテル男・・・

ナンパで最強の男・・・

看護師さんと保母さん・・・

会社で人気のあった男・・・

年下にもてるひけつ

女性が気にする清潔感

言葉のキャッチボール・・・




あなたは女性との「言葉のキャッチボール」をちゃんとしているだろうか?
女性が一緒に食事をしているときにいちばん嫌うのは、一方通行の会話だそうである。


会話はキャッチボールであるとよく言われるが、その意味を本当に理解し、実際にいかしている人はどれだけいるだろう。


相手に返しやすいような言葉を投げかけ、相手から投げ返してもらった言葉をしっかり受け止め、そして投げ返す。
当たり前のことだが実際には驚くほど出来ていない。


そもそも相手に言葉を投げかけない人がいる。
なかなか口をつぐんで言葉自体を発しない人。
または相手に言葉を投げかけるんではなく、一方的に自分のことばかりを投げかける人。


また相手に言葉を投げかけるのはいいのだが、その言葉に問題があったりする人。
たとえば人がいやになる質問だったり、自分の薀蓄を持ち出したり、厭味な質問をしたりして相手としては投げてほしくない言葉を投げかけるのである。


こういう人に共通するのは、相手をまったく尊重してない人なのである。
まあ、たとえて言うならば相手に言葉を投げかけているのではなく、壁に向かって言葉を投げかけているような独り相撲の会話なのである。


こういう人は、相手に対して「相手よりも自分が優れていることを認めさせよう」としているためで客観的にみるといかに相手に対して逆効果になるかと言うこと気づかなくてはならない。


大事なことは「主語は俺」ではなくて「主語はあなた」なのである。
まずは素敵な「あなた」の演出につとめることが大事だ。


復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

日本トップレベルの復縁屋さんの頂点に立つ男がその秘密を暴露!

Copyright (C) 女心をつかむ方法. All Rights Reserved.