私のこと、わかってない・・・

モテる為に気を付ける

女性にモテる為の技

優しいのになぜモテナイ・・・

モテル男とモテナイ男・・・

女性に気を悪くさせる一言・・・

いつもいい人でおわる人・・・

言葉のキャッチボール・・・

聞き上手で失敗しない・・・

女心が変わりやすいとき・・・

女性に振られたときは・・・

どんな男がモテナイか・・・

好きな女性が相談・・・

なぜ?なぜ?女性心理・・・

褒め言葉の裏技・・・

キャバ嬢に学べ・・・

女性に好意を伝える裏技・・・

褒め言葉を上手に使え・・・

不快感を与えない言い方・・・

モテルための最終章・・・

       番外編
なぜかモテル男・・・

ナンパで最強の男・・・

看護師さんと保母さん・・・

会社で人気のあった男・・・

年下にもてるひけつ

女性が気にする清潔感

なぜ?なぜ?女性心理・・・




遊び人の男性ほど、心にもないことが平然と言える。
しかもこんな奴がなぜかモテル!
こんなことを思うのは私だけだろうか?


「つきあってくれ!」「結婚しよう!」「一緒に暮らそう!」
客観的にみれば滑稽なこのセリフ、しかし女性はこういう言葉に弱い。


「そんな言葉、嘘に決まっている」「ただHしたいだけなんだよ」と真面目な男性の友人は言うが、女性はもうその言葉に酔っていたりする。


女性は相手の男性の子供を産んだとき、その男性がきちんと自分や子供に生活の保護をしてくれる=つきあう、結婚するとなるわけだから、その言葉に弱いわけだ。


ここで学ばなければならないのは「女性には長期的な展望をイメージさせる」と言うことなのだ。


ただ「Hしたい」=短期的ではなく「つきあう」「結婚する」のセリフが長期的な展望を抱かせていることも、実は心にもない「つきあおう」「結婚しよう」のセリフが効果をあげてしまう理由なのである。


また「いつか君ときれいな海のある沖縄にでも行ってみたい」とかまだ誕生日が先なのに「誕生日にはどんなお祝いしようか?」とか会話の中に挟んでいくのである。


こういったことがスラッと言えるようになればたいしたものである。だが正直者は、こうしたセリフが言えない。もしくは本当に相手のことが好きなのに照れて言えなかったりするものだ。


でも少しの努力でできるのだから一度試してみるのもいいのではないだろうか。何回も言っていれば慣れが出てくるようになるんじゃないだろうか。


復縁男性版 7つのステップでもう一度好きにさせる方法

日本トップレベルの復縁屋さんの頂点に立つ男がその秘密を暴露!

Copyright (C) 女心をつかむ方法. All Rights Reserved.